琉球×和太鼓“維”文化祭 <2013>

出演者紹介

沖芸大琉球芸能専攻OB会(おきげいだいりゅうきゅうげいのうせんこうおーびーかい)


<プロフィール>
沖芸大琉球芸能専攻OB会は平成16年7月19日に結成されました。それ以前は、男性有志公演、女性有志公演とそれぞれ有志あるものが集い、公演活動を続けていました。そして、2000年に音楽学部の10周年を記念して「あちゃからぬ あさてぃ」を上演しました。この公演では卒業生と在学生が集まる良い機会となりました。その後、関係者内外からOB会を立ち上げてはとの話が持ち上がり結成となりました。
 設立後は、自主企画公演(立ち上げ公演「温故知新」、新潟中越地震被災地激励慰問公演、第1回定期公演「古典」)を行いました
 また、沖縄県文化振興会のかりゆし芸能公演派遣事業や国際交流基金・日本国際協力センターの県内外への委託公演や地域のイベントなどへの出演が現在の主な活動です。
 会員は琉舞研究所や古典音楽研究所に在籍し、教師、師範の免許を得ている会員も数多く、また新聞社の主催する芸能選奨やコンクールの最高賞、グランプリ、奨励賞などの受賞者もおります。今後も沖縄の古典芸能を中心に幅広い活動を目指しております。

金刺 凌大(かなざし りょうた)


<プロフィール>

10歳より和太鼓を始める。演劇学を勉強していた大学在学中から、

兄弟と共に3兄弟による 和太鼓ユニット「は・や・と」を結成。 その次男。

「は・や・と」は、日本国内での学校公演・コンサート活動はもとより、

大洋州やアフリカ諸国など数々の海外公演(国際交流基金主催事業)を行う他、

日本で行われたメジャーリーグ開幕戦のオープニングセレモニーでの演奏や、

ゆず・夏のコンサートツアーのライブ音源の提供、

TV東京系列「はっけんたいけん だいすき!しまじろう」にも出演するなど、

その多岐に渡る活動は多くのメディアに取り上げられている。

 

ソロ奏者としても、津軽三味線・福居一大とのユニット「FKB」

9人の邦楽奏者グループ「雷The太陽」、東京スタイル和太鼓ユニット「ひむかし」、

アジアンオーケストラ「天河」などで、様々な活動を展開中。

また、和太鼓アンサンブル「あべや」に参加し、

2009年にはインドツアー(国際交流基金主催事業)、2010年にはトルコツアーを成功させる。

2011年TOKYO FM「SMJ 全日本スキマ音楽」にゲスト出演。

2012年 ももいろクローバーZ「男祭り」に太鼓奏者として出演。

 

ソロシリーズ「ねよひライブ」では、 アコーディオン・二胡・ギター・横笛など、和洋問わず様々なジャンルの音楽やパフォーマンスとのコラボレーションも果敢に行う他、和太鼓のみの完全ソロライブも行う。

自身の表現の軸として、日本舞踊・歌舞伎囃子・能楽の研鑽を積みながら、和太鼓の可能性を体現できる表現者として、舞台に立ち続けている。

 

2011年より「沖縄で太鼓を打とう!」を企画・プロデュースし、太鼓を通して琉球と倭をつなぐ活動を行っている他、明治大学、千葉大学、共立女子大学などでの講義活動、楽曲提供、指導、ワークショップ、イベントプロデュースなども行い、和太鼓の魅力を様々な形で幅広い世代に伝えている。

2013年より和太鼓を通して、心を維(つな)ぐ活動組織「太鼓“維”プロジェクト」を立ち上げる。

橋口 隆之(はしぐち たかゆき)


<プロフィール>

東京都出身。

太鼓奏者であった父、岬史郎の影響で幼少の頃より和太鼓に触れ、

9歳から本格的に手ほどきを受け、15歳でプロのステージに立つ。

大学在学中、本格的に活動を開始。

江戸寿太鼓、和太鼓/三味線ユニット[斬月]、

和太鼓projectあべや、ひむかし、等、

各種チームに参加し日本各地をはじめ海外への公演も行う。

同時に今日まで講師として多数のアマチームへの指導、作調も手がけ

初心者から上級者までカヴァーする独自の理論に基づいた丁寧な指導が好評。

 

和楽器同士のアンサンブルは勿論の事、

様々な洋楽器や打ち込みとのコラボレーションの場面においても、

伝統楽器としての[和太鼓]の良さを大切に踏まえた上での

所謂[Percussion]ではない[Percussion Instruments]としての

[Taiko]のポジションを理解した演奏が出来る数少ない奏者として

業界内でも異彩を放つ。

 

2004年、10年来自身が別活動で続けていたClubMusicをベースにした

和太鼓Dub-Breakbeats band[ngoma]を始動。

現在までに3枚のアナログ12inとCDでのフルアルバム1枚をリリース。

ジャイルス・ピーターソンによる英国BBCの名物番組[Worldwide]にて

連続ONAIRされるなど国内外で高く評価されている。

2010年、次のアナログ12inをリリース予定。

関根 まこと(せきね まこと)


<プロフィール>

東京都出身。

小学2年生より地元の「八潮太鼓之会」に所属し太鼓を始める。

高校在学中に師匠である故・岬史郎氏創設の「江戸寿太鼓」のメンバーとして参加。

高校卒業後、プロ和太鼓集団「東京打撃団」の一員として活動する。

2005年「太鼓笑人めでたい」を立ち上げ、現在全国各地で演奏を行う。

同時期よりソロアーティストとしても活動を展開中。

力強さと繊細な桴さばきを併せ持つスタイルは多方面から注目を浴びている。

また、作曲・演奏指導・構成演出なども多く手がけている。

恩納村青年団エイサー


恩納村青年団エイサーは、2004年11月に、恩納村統一のエイサーを作ろうということで、恩納村内各地域青年会の中心メンバーで結成し、恩納村5地域、塩屋(しおや)、山田(やまだ)、谷茶(たんちゃ)、瀬良垣(せらがき)、喜瀬武原(きせんばる)5地域の、伝統的な締め太鼓のイサーの型を取り入れており、恩納村内を訪れる修学旅行に、ホテルへ出張しての、エイサー鑑賞体験を中心に、沖縄県内外、海外にも活動の幅を広げております。

 

 2005年2月 鳥取県大山スキー場イベント「仮装で滑走大会」にてエイサー披露

 2005年9月 新潟中越地震被災地激励慰問公演、「長岡・山古志地区ボランティアセンター」、「小千谷市民会館」にてエイサー披露

 2005年10月 北海道浜中町「海人まつり」にてエイサー披露

 2005年11月 埼玉県大宮北高校50周年式典アトラクションにてエイサー披露

 2009~13年  池袋サンシャインシティー めんそーれ沖縄フェスタにてエイサー演武

 2012年10月 沖縄芸能活用プロモーション事業海外派遣「インドネシア ソロ・ジャカルタ」にて演舞

 

『つなぐ便り』配信開始!

「つなぐ便り」5月22日便

配信しました!

届かなかった方は、

mail@taiko-tsunagu.com

までご連絡ください。

< New >

「太鼓“維”プロジェクト」

オフィシャルツイッター始めました!

https://twitter.com/tsuna_pro

フォロー&リツイート、宜しくお願いいたします!

更新履歴

 

2016. 6.2 NEW

新企画

[伊是名島「尚円王まつり」で

太鼓を打とう!2016]

情報を更新しました!

 

2014. 11.24 NEW

[第2回琉球×和太鼓 “維”文化祭]

情報を更新しました!
出店者も募集中です!

 

2014. 9.5

[沖縄で太鼓を打とう!2014]

合同ワークショップの日程が決まりました

 

2014. 8.2

[沖縄で太鼓を打とう!2014]

募集要項追加!個人募集開始しました! 

 

2014. 8.2 

[沖縄で太鼓を打とう!2014]

8月説明会の日程が決まりました。 

 

2014. 5.15 

新企画
[うえの夏まつりで太鼓を打とう!]

の募集を開始しました!

 

2014. 5.15 

[沖縄で太鼓を打とう!2014]

資料ダウンロード可能となりました!

 

2014. 4.18

[“維”文化祭]

更新しました!

 

2014. 3.17

[ニュース]

 

2013. 9.4

[“維”旅レポート]

更新しました!

  

2013. 8.7 

[沖縄で太鼓を打とう!2013]

更新しました!

 

 

2013. 7.15 

[活動内容][“維”文化祭]を作成しまし

 

 

2013. 4. 1

[ニュース]

「沖縄で太鼓を打とう!2013」

第2回説明会延期のお知らせ 

 

 

2013. 3. 1

[ニュース]

ホームページ開設のお知らせ